鼻うがい実践 & 作用機序についての持論

今回は最近始めた習慣『鼻うがい』のご紹介です。
そもそものきっかけは、2018年5月に配信された高城未来研究所「Future Report」Vol.362/Part2のQ&Aにさかのぼります。

▽Q.11▼▽
風邪の症状について質問です。
毎回同じような症状で体調を崩します。
喉の違和感から始まり、具合が悪くなっていき、治ったと思ったら夜中咳が止まらなくなり、具合はいいが咳が1ヶ月以上治らない時もあります。
耳鼻咽喉科に行ったところ軽い蓄のう症と言われ、薬で良くはなります。
ただ、毎回同じような症状なので原因が気になります。
もしも対策法や解決案がありましたら教えていただきたいです。

【 A 】
せっかく耳鼻咽喉科にいらっしゃる機会があるなら、上咽頭クリーニングをお試しになったらどうでしょうか?
別名「Bスポットクリニーング」とも言われる喉の奥にある上咽頭クリーニングは、長く続く原因不明の咳や後鼻漏だけでなく、慢性疲労や自律神経の改善、そして腎炎にも効果がある不思議な療法です。
保険適用で、一回数百円程度ですので、僕も周囲によくすすめておりますが、問題は、少し痛い点にあります。
事前に麻酔液を噴霧する医師もいらっしゃいますが、どうやら自律神経系の改善効果が半減してしまうようですので、我慢するしかありません。
はじめの一ヶ月は、週に1、2度受けるのがいいでしょう。
人によっては、抜群の効果を発揮しますよ。
また、薬では良くなりません。
症状を一時的に抑えているので、良くなったと錯覚しているだけなのです。

これを見て、中学生の頃から悩まされている多量の鼻水について改善がみられるかも!さらに慢性疲労や自律神経の改善もできる?と思い、近所の耳鼻科で上咽頭クリーニングに対応しているところを予約し、診察してもらいました。

治療自体は数分で済んだのですが、それはもう信じられないくらいに痛い治療でした。希塩酸を浸み込ませた(綿棒のような)金属棒を鼻に突っ込んで、下図の上咽頭部分をグリグリします。傷口に塩を塗るという行為をはるかに超えた、炎症部を薬剤で焼くという拷問です。さらにその無慈悲な痛みに加えて治療2日程は、喉がイガイガし続けました。

先生もおっしゃってましたが、50年以上実績のある治療法なのですが、とにかく痛いため、近年選択される方が少ないようです。半年続けて効果がなければ止めましょうとのことでした。

が、ボクは半年も続ける気力はありません。よほどの緊急性でもない限り二度と行くことはないと思います。

http://www.miyake-jibika.com/epipharyngeal-abrasive-therapy/

が、診察でひとつ気にかかったのは、先生のお話の中でポロっと「鼻うがい」と言われたことです。記憶が曖昧なのと、あくまで薦められたわけではないことをお断りしておきますが、話の中で妙に気にかかり早速調べてみました。すると羽賀ヒカルさんが2010年に体当たり鼻うがい動画をアップされていました!

8分程の短い動画なので、ぜひご覧いただければと思うのですが、どの家にもあるであろう道具(計量カップ・ボウル・スケール)と、これまた必ずある塩と水だけでできてしまう、とってもシンプルな方法です。

もちろん早速やってみました。まず、驚きですが鼻に水を入れても全く痛くないのです。体液と同様の浸透圧を持つ塩分濃度(0.85%)で、体温と同程度であれば鼻に入っても痛くないのですね。鼻うがい後鼻をかむと、かなりの量のスライムのカスのようなマテリアルが出てきます。(平たく言うと鼻くその素です)

あくまで体感ですが、すばらしくすっきりします。また、視界がクリア(明るくなる)感覚も得られます。

で、これなんでだろう?と思ったのですが、ふと閃きました。

最近読んだ脳外科医篠浦伸禎先生の新刊『トヨタの脳の使い方 世界で結果をだせる日本精神の秘密』にこんな記述があったことを思い出しました。篠浦先生が脳の中でも最も重要視する視床下部についての考察です。

視床下部の近くに腫瘍がある症例の覚醒下手術を何例かやったことがあるのですが、腫瘍を取っている最中にどんどん意識がなくなっていき、必ず途中で摘出を中止せざるをえなくなってしまいます。つまり視床下部は、ほんの少し押されただけでも意識が低下するという、人間にとってきわめて大事な機能をもっているのです。

で、脳と鼻を図示してある断面図を探してみました。

よくわかる最新療法 病気が治る鼻うがい健康法 体の不調は慢性上咽頭炎がつくる

おお!近いんです。上咽頭と視床下部、隣接はしてませんが、からだの内側の消化器官として最も脳に近い場所に位置していることは間違いありません。きっとなにか関係しているに違いない、とほくそえんでいますので、今度篠浦先生にお会いした時にぜひご意見を伺ってみようと思います。

ということで、鼻うがいはコスト数円、時間も10分程度のとっても簡単な健康法だと思いますので、ぜひ一度トライしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする